お使いのブラウザを下記のように設定して「JavaScript」を有効にしてください。

【JavaScriptの設定方法 】
  • Netscape Communicator 4.x、6.x の場合、
    1. [編集]メニューから、[設定]を選択します。
    2. [詳細]カテゴリをクリックします。
    3. [JavaScriptを有効にする]チェックボックスをオンにします。
  • Internet Explorer 5.x、6.x の場合、
    1. [ツ―ル]メニューから、[インターネットオプション]を選択します。
    2. [インターネットオプション]画面で、[セキュリティ]タブをクリックします。
    3. [レベルのカスタマイズ]ボタンを押します。
    4. [スクリプト]欄が表示されるまでスクロールします。
    5. [Java アプレットのスクリプト][アクティブ スクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]のそれぞれの設定で「有効にする」を選択します。
    6. [セキュリティの設定][インターネット オプション]のそれぞれの画面の[OK]ボタンを押し、ウィンドウを閉じます。
  • Internet Explorer 4.x の場合、
    1. [表示]メニューから、[インターネットオプション]を選択します。
    2. [インターネットオプション]画面で、[セキュリティ]タブをクリックします。
    3. [このゾーンのセキュリティレベル]で高・中・低のいずれかを選択すると
      JavaScriptは有効になります。
      ※[このゾーンのセキュリティレベル]でカスタムを選択した場合は
      [設定]ボタンを押し、[スクリプト]項目の[アクティブスクリプト] を有効にします。